丁寧な洗顔が肌を作る|ポイントをしっかり把握する

ウーマン

形状ごとの特徴

女性

クレンジングを行なう商品の種類には、シートタイプのものやオイル状のもの、ジェル状のものなどがあります。シートタイプのものは手軽に落とせるため外出先でも便利で、オイル状のものなら化粧汚れをきれいに落とします。

もっと詳しく

洗うときの流れ

鏡を見る人

正しい洗顔方法を行なうことで、洗顔料の効果が高くなります。顔を洗う前に手をきれいにし、洗う時には洗顔料をよく泡立てることが大切です。泡で洗うと顔への負担が少なくなり、汚れもしっかり落とせます。

もっと詳しく

悩みに合った選び方

洗顔

洗顔料にはいろいろなタイプのものが販売されていて、それぞれ特徴が違います。洗顔を行なう目的は顔の汚れを落とすためですが、洗顔料には洗浄力だけではなく潤いを与えるものやくすみを取り除くものなど多くの効果がついてくるものがあります。きちんと汚れが落ちるかということの他に、悩みや好みに合わせて洗顔料を選んでください。洗浄力が高いものはその分顔の汚れを落とすことができますが、同時に顔の油分を奪ってしまうため乾燥肌の人や敏感肌の人には向いていないことがあります。肌が弱いという人の場合、肌に優しく潤いを閉じ込めてくれる商品を選びましょう。潤いを残してくれる商品なら、洗顔した後にも肌のつっぱる感じがなくなり、乾燥肌の人でも肌トラブルが少なくなります。このタイプのものは泡立てると弾力が出るため、洗い心地も気持ちいいです。乾燥肌の人の他に、くすみが気になる人も多いです。肌のくすみを改善したいと考えるなら、くすみの原因を取り除いてくれる洗顔料を選んでください。くすみの原因の多くが古い角質が肌の表面に残っていることです。古い角質をきれいに取り除くことで、肌のターンオーバーを促し、透明感のある素肌になります。
洗顔料の違いは効果によるものの他に、形状による違いもあります。例えばパウダータイプのものはきめ細かな泡が作りやすく、人気が高いです。一般的なものはクリーム状になっているもので、手頃な料金のものが多いです。その他泡立った状態で出てくるタイプはやや料金が高くなりますが、使いやすいという便利さがあります。

成分を確認する

化粧品

化粧品にはいろいろな成分が配合されていて、肌に優しいものがあります。紫外線のダメージを軽減したいならUVカットができる化粧品を選び、潤いを守りたいならセラミドやヒアルロン酸が配合されたものを選んでください。

もっと詳しく